栄養指導と合気道、トータルに考えてすごいビル。

今日は皆様に、当院が入居しているAikiビルについてご紹介いたします。

なぜビルの紹介をここでするのって、思う方もいらっしゃるかも知れません。

実は、当院が専門領域として力を入れている糖尿病と関わりがあることなのです。

2型糖尿病になりやすくなる環境要因はなんだと思いますか?

圧倒的な危険因子としては、当たり前ですが、「肥満」が上げられます。

そして、「喫煙」や「運動不足」が主な原因と言えるでしょう。

当院では、このビルの二階で、管理栄養士による栄養指導を月に一度第三木曜日に行っています。

肥満に至らないようにするためには、何よりも日々バランスの取れた食事が大切ですよね。当院では、同じビル内で栄養指導が受けられるようになっているのです。

そして、もっとも難しいのが「運動不足」の解消なのではないでしょうか。

特にお年を召した方で運動をあまりしてこなかった患者さんは、そう言われても一体何をしたらいいのだろう、と戸惑うと思います。

そこでお勧めしたいのが、当ビル地下一階の「守清館」合気道道場です。

約一時間の有酸素運動。老若男女、年齢性別に関係なく、いつでもだれでも始められる敷居の低さ。筋肉をつける、というよりは、堅くなった関節を伸ばしていくような動き。使える身体作り・・・。

どれをとっても、合気道の稽古は良いことずくめです。あ、でも稽古終了後のビールが格別旨いからって言っている人、飲み過ぎには要注意ですからね。

最後に笑顔。何故か合気道を小一時間も稽古すると、自然に笑みがこぼれるようになります?え、どうしてかって?それはぜひ体験稽古をしてみることをお勧めいたします。笑顔が免疫力を高める、ともいいますから、その効果は期待大です。

このように当院では、糖尿病とトータルに向き合って、日々患者様と対話を繰り返しています。

合気道的に言えば、「糖尿病から逃げないで、しかも正面から渋面作って闘うのではなく、第三の道を楽しく探っていく。」ということになるのかも知れません。

Aikiビルでワンストップの糖尿病対策。そんな一角が笹塚観音通りにはあります。

2017年09月06日

関連する人気記事

Copyright(C) 2017 sasazuka-inoue.jp All Rights Reserved.